教育について

子どもの教育のために時間と気持ちにゆとりを

子供が3歳くらいになると教育について考えるようになります。
わが家も来年小学生になる娘がいます。
3歳くらいからしつけも大事だし、勉強も大事だし、運動も大事だし、教育方針について考え始めました。
幼稚園や学校での教育も大事ですが、家庭での教育も大事だと思いました。
まずは家でできることから始めようと思いました。
一番大切なのは子供が自分らしく自分に自信をもって伸び伸びと育ってほしいというのが私の考えでした。
そのためには自分自身が時間や気持ちに余裕をもってゆったりした気持ちで子供と向き合いたいなと思いました。
子どもといるとどうしても大人の都合だけで物事がスムーズに進めることが出来なくなるので、いらいらすることも多いです。
しかし、それは大人の都合です。
大人に子供は振り回されなくてはならないということはないのだし、子供が伸び伸び育つためには親が子供に合わせてあげられる余裕も大事だなと思いました。
きちんと向き合ってあげると子供がどんなことを考え、どんなものが好きなのかが見えてきます。
今この子はこの遊びの中から何を学んでいるのか、そんな風に観察しながら導いてあげられたらいいなと思います。

Copyright© 教育 All Rights Reserved.

子どもの教育のために時間と気持ちにゆとりを