教育について

子供たちの教育を平等にする大切な

日本は今所得か格差が問題になっています。
子育て世代に同じように考えられます。
親の所得が低いので子供の進学問題にも影響しています。
義務教育は中学までです。
世の中には離婚でシングルマザーの家庭もあります。
シングルマザーの家庭は私も知人に居ますがWワークが常識になっています。
高校までの義務教育が必要になってきているのです。
Wワークすることで体の負担があります。
体の負担によって病、死に至る可能性もあります。
シングルマザーが病、死になった場合大変です。
子供が学校に通っていても学校を退学せざる負えなくなる可能性もあります。
高校と次は大学です。
親の所得の関係で大学進学をあきらめるお話も聞いた事があります。
しかし親の負担を借るこするため奨学金とアルバイトで学校に通う子供もいます。
アルバイトは長時間で学業に影響して留年、卒業ができず退学する子供のお話も聞きました。
奨学金は返済が必要なケースが多く退学プラス奨学金の多額な奨学金返済が残ったケースも多いです。
返済をしなくても良い奨学金制度の見直しも今後必要になってきます。
また子供がアルバイト時間を減らし学業に専念できる作りも勿論ひつようです。

Copyright© 教育 All Rights Reserved.

子供たちの教育を平等にする大切な